news

平成29年2月4日-11日 KYOTO SOME&ORI PROJECT

 


 

KYOTO SOMEORI PROJECT に参画し、フランス・パリの L’ATELIER BLANCS MANTEAUX において、世界のトップメゾンのデザイナーや関係者に弊社の精練・染色技術を活かした生地の提案を行いました。

このプロジェクトは、元エルメスジャポン代表取締役、エルメスパリ本社副社長でいらっしゃいました、齋藤峰明氏を総合ディレクターとする海外販路開拓事業です。

生地のデザインは、フランス人デザイナーとともに進めることができました。また、現地でのエキシビジョン・プロデュースは、エルメスやバカラのPRを長年手掛けてこられたアート・ディレクターが携わってくださいました。

パリは世界トップのクリエイターが集結する点において、世界無二の地であり、現地でさまざまの方にお会いし、お話をお聞きするができたことは、かつてない刺激でしたし、これから弊社で推進してゆく技術開発の方向性を見いだせた貴重な機会となりました。

日本の、京都の、シルク技術を世界へ。

 

PHOTOS

株式会社染織新報社発行 そめとおり新春号平成29年1月1日発行

『新素材探求』欄において、『化学加工なし「家庭で洗えるシルク」を開発』が掲載されました。着物の新市場創造を目指した本格展開について、取材・掲載をしていただきました。

平成28年11月29日 KBSラジオ『笑福亭晃平のほっかほかラジオ』に出演しました。

『ほっかほか噺の朝ごはん』のコーナーに、代表の山内伸介が生放送で出演させていただき、460年以上つづく家業の歴史や、水源豊かな亀岡・千代川の地で、精練・染色会社として創業した経緯について、お話しする機会をいただきました。

国内の繊維産業のうちでは、縮小傾向が著しいシルクではありますが、世界に誇れる伝統技術ですので、しっかりと受け継ぎ、日本にシルクの技術を遺さないといけない、という弊社の理念をもとに、今の生活に求められるシルクの開発に取り組んだ経緯について、お伝えしました。

開発の過程においては、試作と検証を繰り返しながらも、時に心が折れそうになることを幾度となく経て、ようやく、シルク強化技術SHIDORI®の開発に至りましたこと、また、SHIDORI®を採用した着物用の襦袢で実用化が始まっていることをお話ししました。

山嘉精練は丈夫なシルクを創りました。シルクの研究を重ねて、デリケートで取り扱いに手間がかかるものであったシルクの弱点を克服し、『良いシルクは丈夫なのです』といえるSHIDORI®技術が開発できましたのは、まさにこれまでの常識をくつがえす技術革新の成果でありますが、革新は、過去から継承してきた技術の連続性の先にしか起こらないと考えていますので、これからも、シルク技術の継承に日々取り組みながら、SHIDORI®製品をより多くの方々へお届けしてまいりたいという思いを新たにいたしました。

平成28年11月7日 yahoo!ニュースに京都新聞取材記事が掲載されました。

yahoo!ニュースに初めて弊社が取りあげられました。

記事詳細>>

京都新聞丹波版『丹索2016欄』に掲載されました。

京都新聞丹波版『丹索2016欄』に掲載されました。 

記事詳細は こちらをご覧下さい>>

 

亀岡発「洗えるシルク」熱視線 として、弊社の技術をお取りあげいただきました。

国内外において、「洗えるシルク」とは?の問いに明確に答える定義や品質基準がないなかで、

洗えることを謳うシルク製品はありますが、弊社山嘉精練では、

石油由来の樹脂や撥水剤でシルクの表面を


京都新聞様には、記事掲載にいたるまで、丁寧な取材を重ねていただき、取り上げられましたことに感謝申しあげます。 

絹業技術の次代への継承を目的として、自社技術の開発や、山嘉精練オリジナルのシルク製品を開発するにいたった思いについて、 詳しく掲載をしていただき、ありがとうございます。

10月26日-31日にJR京都伊勢丹様にて「森の京都博」が開催されました。

弊社のSHIDORIR技術から生まれた自社オリジナル製品を紹介して頂き、関係者の皆様ならびに足を運んで下さったお客様に大変感謝しております。ありがとうございました。

また、株式会社エレグランス様には、「TAMAMONOシリーズ」 に弊社のSHIDORIR技術※をご採用頂き、 誠にありがとうございます。 



※SHIDORIR技術:樹脂や撥水剤でコートしなくても、シルク素材そのものを丈夫にし、 洗濯機で繰り返し洗える絹製品を皆様にお届けしています。 

 

「森の京都博」の様子

 

morinokyoto

Discover Japan 11月号に掲載されました。

10月6日発売の「Discover Japan 2016年11月号 Vol.61」にJR京都伊勢丹にて開催される「森の京都」展(10月26日〜31日)の特集が掲載されております。

「森の京都」地域から厳選されたモノづくりが紹介されており、その中で弊社の活動も取り上げてくださいました。

ぜひご覧ください。 

ご協力頂きました皆さま、ありがとうございました!



※森の京都のモノづくりは「水・土・木」から成り立っている、ということで、

弊社のすぐ近くにて鎮座されている出雲大神宮からスタートしています。

我々の仕事も自然から受ける恩恵によって成り立っています。

改めて関係各位様、八百万の神々様に感謝。

 

DiscoverJapan11

平成29年10月13日 WBS トレたま で紹介されました。

TV TOKYO で月〜金 夜11時〜11時58分で放送されています「WBS」ワールドビジネスサテライトの人気コーナー【トレンドたまご】で紹介されました。

洗剤を選ばず、毎日洗濯機で洗い、乾燥機も使えるシルクの肌着

TAMAMONOロングライフベビー肌着

樹脂や撥水加工といったケミカルコーティングは一切無添加。

100%天然シルクだけで赤ちゃんのお肌を包み込む至極のベビー肌着。

お母さんにも優しい「0歳から5歳までのロングライフ」を実現。

シルクのエキスパートを自負する弊社が開発した技術によって、

洗濯機で毎日洗えて超楽チン。

汗をたくさんかいてもシルクがスーーと吸い取ってくれるのでいつでもサラサラ。 

赤ちゃん、お母さん、自然にも優しいベビー肌着。

究極の肌着で心も体も豊かになれます。

【トレたま】洗濯機で毎日洗えるシルク:ワールドビジネスサテライト:テレビ東京

祝 第60回 京都府発明等功労者 受賞

平成28年4月18日 京都府公館 レセプションホールで開催された 『第60回 京都府発明等功労者』表彰式で弊社の「革新的精練技術の開発」が受賞し、授賞式に参加させて頂きました。 

 弊社において技術開発とは、課題に対する「試作」と「検証」の積み重ねを意味します。 

この取組は誰かに指示された作業を行うことではなく、「自ら考え試み続ける」忍耐力の求められる取組であります。 

漠然とした完成イメージはあれども、 「いつまでにできるのか?」 誰にもわからない。 

「必ずできるのか?」 確証など何もない。 

そもそも「本当に完成に至るか」すらわからない中で、 「気力」「集中力」「時間」と、ある一定の制約範囲内で「資金」が充足してはじめて、技術開発は結実します。 

さらに、数多の技術開発の中から、自社以外の方々にも価値を認められたものだけが、「新技術」として世に産み出されます。 

 このような技術開発の過程で、職人は、日夜情熱をかけ身をけずりますが、新技術として世に出たのち、評価を得ることがありましても、その多くは経営者や営業担当者が栄誉を浴するのであり、職人たちはその場に居合わせないことの方が圧倒的に多く、表舞台に立つ機会に恵まれません。 

だからこそ、技術開発に携わった職人がこのたびのような立派な表彰式で表彰していただけることは、この上ない励みとなります。

 

 京都には沢山の大規模なモノづくり企業がある中で、その中に弊社の名前も掲げられたことを誇りに思うとともに、京都の絹産業を未来へと繋げる役目の一端を担うことができて、心から嬉しく満足しています。 

 そして、改めまして日々お世話になっている多くの方々へ、この場をお借りして御礼を申し上げますとともに、引き続き倍旧のご厚情を賜りたく、切にお願い申し上げます。 

第60回 京都府発明等功労者 受賞

耀かしい新年のお慶びを申しあげます。

旧年中ご厚誼ならびにご支援をいただきました関係各位に心より感謝申しあげます。

 

旧年は SHIDORI の開発を通して、多士済済たるつくり手や事業家に出会い、

与えられた各々の立場から日本の絹業のゆく道にどのように貢献し、

なにを成してゆくべきかを語らえる機会にめぐまれました。

 

弊社の技術 SHIDORI が、ひとりでも多くの方の肌つまり健康を守り、

日本の絹がなお一層に世界から必要とされるための一助となるべく、

私、山内伸介は、社員一同と力を合わせ我武者羅に研鑽を重ねて参ります。

 

弊社が社屋工場を構えます当地には、全国でも珍しい女神様をお祀りしている社がございます。

この女神様は伊邪那岐命、伊邪那美命の間にお産まれになり、

遍く野のめぐみを産み出す神様で、霧の神様をお産みになられたと伝わります。

 

まさにここ亀岡 の地 は盆地の地形を成し、気温が下がりますと霧が濃く立ちこめ、

山々の稜線を覆って辺りが真白になります。

この霧立つ湿潤な風土は絹に水分を与えてくれますし

もとより、亀岡以北の丹波・丹後に湧き出る良質な水源は

絹の精練染色にとりまして、まさに命そのものであります。

 

美しい大自然と代々継承されてきた職人技から産まれた SHIDORI は、

無二の特長をもちながら、日本各地に伝わる豊かな絹技術の運び手ともなれますよう、

弊社では SHIDORI と国内の絹業産地を結ぶ 製品の企画開発を世界にむけて発信して参ります。

 

平成28年1月元旦

株式会社 山嘉精練

代表取締役 山内 伸介