ずっと待っていた、シルクが出来ました。

News

お知らせ

展示会やメディア掲載その他日常のお知らせなど

祝 第60回 京都府発明等功労者 受賞

平成28年4月18日 京都府公館 レセプションホールで開催された 『第60回 京都府発明等功労者』表彰式で弊社の「革新的精練技術の開発」が受賞し、授賞式に参加させて頂きました。 弊社において技術開発とは、課題に対する「試作」と「検証」の積み重ねを意味します。 この取組は誰かに指示された作業を行うことではなく、「自ら考え試み続ける」忍耐力の求められる取組であります。 漠然とした完成イメージはあれども、 「いつまでにできるのか?」 誰にもわからない。 「必ずできるのか?」 確証など何もない。 そもそも「本当に完成に至るか」すらわからない中で、 「気力」「集中力」「時間」と、ある一定の制約範囲内で「資金」が充足してはじめて、技術開発は結実します。 さらに、数多の技術開発の中から、自社以外の方々にも価値を認められたものだけが、「新技術」として世に産み出されます。 このような技術開発の過程で、職人は、日夜情熱をかけ身をけずりますが、新技術として世に出たのち、評価を得ることがありましても、その多くは経営者や営業担当者が栄誉を浴するのであり、職人たちはその場に居合わせないことの方が圧倒的に多く、表舞台に立つ機会に恵まれません。 だからこそ、技術開発に携わった職人がこのたびのような立派な表彰式で表彰していただけることは、この上ない励みとなります。 京都には沢山の大規模なモノづくり企業がある中で、その中に弊社の名前も掲げられたことを誇りに思うとともに、京都の絹産業を未来へと繋げる役目の一端を担うことができて、心から嬉しく満足しています。 そして、改めまして日々お世話になっている多くの方々へ、この場をお借りして御礼を申し上げますとともに、引き続き倍旧のご厚情を賜りたく、切にお願い申し上げます。 第60回 京都府発明等功労者 受賞