織の宝石として知られる「佐波理綴(さはりつづれ)」の
生みの親、池口定男は池口冨栄の次男にあたります。

SHIDORIの開発に成功した山嘉精練は、1970年の創業以来一貫してシルク糸専門の精練・染色を担い、世界中から集まるシルクの精練・染色、各種加工を行っています。シルクに携わる職人としての歴史は長く、1555年に初代 井関宗鱗が紋・織業を創始して以来、450年以上にわたり京都でその技法ともの創りの精神を受け継いできました。単独浴槽染色によりいつでも同じ色を生み出すことのできる技術、素材を傷めず堅牢度の強い染料を用いる技術、これらに対応する精練方法。日々改良に改良を重ねながら、新技術の研究開発にも積極的に取り組み、シルクのエキスパートとしてシルク技術の伝承に心血を注いでいます。


[歩み]
1555年(弘治元年) 初代 井関宗鱗が紋・織業を創始
1571年(元亀2年) 御寮織物司(天皇の御衣装束を制作する人のこと)に任命され、御所の織物を一手に引き受ける。
以降、約300年にわたり、御寮織物司を代々受け継ぐ。
1867年(慶応3年) 大政奉還
1870年(明治3年) 御寮織物司、廃止
1906年(明治39年) 井関冨栄 17代目長女として誕生
池口家に嫁ぐ(着物の帯や相撲の褌などを織る会社を創業)
1946年(昭和21年) 池口(井関)冨栄の五女 豊子誕生(山内 伸介の母)
1970年(昭和45年) 株式会社 山嘉精練 創業

経営理念
シルクを通じて自然の恩恵に感謝し、美しい色や光沢で人類の心の満足(安心)と身体の満足(健康)に貢献することを企業理念としております。衣類は人類の生活になくてはならないものですが、シルクはそれを最高の形で提供してくれるものです。それをより広く提供するために、私たちは日夜研究を重ねております。また、人類の幸せと日本の文化発展のため後継者の育成にも心血を注いでおります。

行動規範
山嘉精練では、CSR(企業の社会的責任)を果たすために次のような行動規範を定め、ステークホルダーの信頼を得るよう絶え間ない努力を重ねております。
1. 法令の遵守 
2. 社会とのコミュニケーションの促進
3. 地域との共存 
4. 環境保全への寄与  
5. 顧客の信頼の獲得  
6. 取引先との信頼関係の確立 
7. 従業員の自己実現への環境づくり 
8. 出資者・資金提供者の理解と支持
9. 政治・行政との健全な関係 
10. 反社会的勢力への厳正なる対処 

環境について
山嘉精練は丹波と呼ばれる自然豊かな京都・亀岡で1970年に創業いたしました。
この土地はとても豊かな自然に恵まれており、ここで収穫される栗や松茸、黒豆などはどれも日本を代表するものばかりです。これは肥えた土地と上質な水が大変豊かであることを表しています。
工場は周囲に田畑が広がる大変素晴らしい環境にありますが、逆に言えば、40年以上にわたりこの場所で仕事が続けられるということは、使用する水や重油等の処理が厳重に行われている証しでもあります。
創業以来1度も近隣の住人や農家の人々との問題を起こしたことはありません。
現在は、会社のある敷地は弊社が所有しているものではありますが、弊社が存在する前からこの土地はこの場所に存在しており、今この時代においてお借りしているだけ、と考えております。
お借りしているのだから、いつか返す時には元通りにして返す。
土地・空気・水といった自然の恩恵に感謝しつつ、地域とそこに住む人々との共存をこれからも続けてまいります。

社内の養蚕について
2009年から社内に桑の木を植え、新入社員を中心に会社内で蚕を育てる研修活動を行っています。
目的は
・蚕を育てることで絹糸ができるまでを学ぶ
・自然の恩恵がなければ絹はできないことを知る
・この自然界は調和と循環によって秩序だっていることを学ぶ(eco)
・命の尊さを学び、その結晶であるシルクを大切に扱う
・さらにシルクに親近感を持つ社員を育てる

地域との共存について
たとえ土地の名義は会社であったとしても、地域からお借りしているわけですから、この地に弊社が存在することで地域にも恩恵がなければならないと考えています。同じ地区にある神社やお寺、祭事への寄付や、会社で働く社員・パートさんにおいてはできるだけ地元の方を採用するように心掛けております。
また東日本大震災以降、地元ではチーム亀岡メンバーとして復興支援活動に携わっています。
仙台では、ヒューマンタイズの立ち上げメンバーとして活動し、被災地から移住を希望された方への雇用にも積極的に取り組んでいます。

クリーンキャンペーン
毎年8月に地元の青年部と共に地域の河川清掃等を行っています。
このように大々的に行うことは年に1度ですが、会社の周囲の道路清掃や水路の清掃は毎月行っています。

伊勢神宮のお手伝い
式年遷宮においては「御木曳」や「御白石持行事」にも参加し、毎年大晦日には「神宮庭燎奉仕・奉納」にも参加させていただきます。


株式会社 山嘉精練
所在地: 京都府亀岡市千代川町千原千原ヶ前1
設立: 1970年8月8日
代表取締役: 山内伸介
2001年11月、株式会社 山嘉精練 代表取締役に就任。
先祖代々より伝わるもの創りの精神を受け継ぎながら、
新たなシルクの可能性を日々追求している。

山嘉精練は、京都でものづくりを行う事業者が海外への販路を開拓・拡大する際に活用できる
「KYOTO JAPAN」のロゴマーク使用権を取得しています。